コストをチェックしよう

芝刈り機

どんな手続きが必要か

お墓を守ってくれる人がいない、ということで墓じまいを考える家庭が増えてきています。守ってくれる子孫がいないとお墓も荒れてしまいますし、やがて所有者が不明になってしまうということもあります。墓じまいをすることによって、納骨されている遺骨を合祀墓に再度埋葬をして、永代供養を行うことができるようになります。個人で管理をするのではなく、寺院や霊園で管理してくれるので、無縁仏になってしまうようなこともありません。しかし墓じまいにはある程度まとまった費用が必要になってきます。霊園や寺院によっても費用に関しては違いがあるので、相談をしてみるとよいでしょう。地域によっても相場は大きく異なってきます。実際に墓じまいをするともなるとどんな手続きが必要となってくるのか、知らない人は意外と多いです。寺院によっても手続きに違いがあるので、確認をしておくとよいです。最初に行うのは、遺骨をお墓の中から出す、ということになります。その遺骨に読経を行い、合祀墓に入れるなどまずは故人の居場所を確保します。その後、お墓にも読経をして墓石の撤去を行います。撤去をする際にも費用はかかってきますが、そのお墓がある場所によっても移動費が変わってくるので、注意をしなければいけません。最後に永代供養費をおさめて一連の流れとなります。納骨されている遺骨の数が多い場合にはどうしても費用は高額になってしまうことがあるので、注意をしなければいけません。